心の病気の治し方のコツ

ドクターたち

強い不安感に苛まれて眠れない症状が続いている人は、鬱病を患っている恐れがあります。鬱病は心療内科や精神科で治療を受けることができ、メンタルクリニックという名称の病院でも鬱病などの心の病気を治療することが可能です。病院で鬱病の治療を受けることのメリットは、不安感が和らぐ抗不安薬を処方してもらえるので、すぐに症状が楽になることです。処方される薬は健康保険が適用されますので、高額な費用をかけずに心の病気を治せます。心療内科や精神科、メンタルクリニックの病院では、心理カウンセリングを受けられることもメリットになります。心理カウンセリングを受けることで鬱病の原因が判明するので、鬱病を根本的に治療することができます。心理カウンセリングは病院によっては保険診療が可能な場合があるので、安い料金で心理カウンセリングが受けられます。公費負担医療の一種である自立支援医療を申請すると自己負担分が減免され、1回あたり500円以下で心理カウンセリングを受けられる場合があります。

心の病気を治療する方法は、薬物療法と心理療法に大別することができます。薬物療法では不安感を解消する抗不安薬や抗うつ薬などが処方され、薬を飲むことによって鬱の状態を改善します。心理療法は心の状態を改善するための治療法で、認知療法や認知行動療法、心理カウンセリングなどがあります。心理療法を受けると鬱の原因になる悪い思考パターンを改善することができ、鬱病などの心の病気の完治に繋がります。心の病気は老若男女を問わず誰もが患う可能性がありますが、45歳から55歳にかけての更年期の女性は鬱病を発症しやすくなります。更年期障害による鬱病の治療は心療内科の得意分野であり、のぼせやイライラなどの更年期障害の諸症状を治療できます。男性は女性と比べると胃腸が弱いケースが多く、ストレスによる下痢の症状で悩んでいる男性は多くいます。ストレスによる下痢は過敏性腸症候群という病気で、過敏性腸症候群も心療内科で治療することができます。過敏性腸症候群は主に薬物療法によって治療を行います。