生活が変化する時は注意

悩む女性

鬱病は生活が変化する時になりやすい病気です。気持ちが重くなり不安感が続く他、周囲に関心が向かなくなるなどの症状が出ます。また中には腰痛や不眠に悩まされる人もいます。鬱になったらまずは病院で治療を受けると共に、休養することが大切です。完璧を目指さずほどほどで良いと考えられるようになると改善します。

詳細を確認する

診断してもらおう

看護師

鬱病は、憂鬱な気分が慢性的に続き、自分は無価値な人間であるなどと思い込んでしまう精神疾患です。治療して健康な生活を取り戻すためにも、症状に気づいたときに早めに心療内科を受診しましょう。カウンセリングのもと、それぞれに合った適切な治療を行ってくれます。

詳細を確認する

心の病気を解決

医師たち

鬱病の症状は多岐にわたりますが、周囲の人にはわかりにくく、見過ごされがちです。中でも最も心配な特徴は自殺です。自殺を防ぐためにも、なるべく早期に受診し、周囲の人も十分注意し、対応に気を付けなければなりません。

詳細を確認する

現代病として治療する

診察

併発しやすい病気

鬱状態が原因で身体的な症状が起こる場合があり、そのことが原因で憂鬱になるケースも少なくはなく、落ち込み方やストレスが深く関与することで症状を長引かせる例も見られます。脳と腸は深い関係にあり、鬱の状態の人は敏感に反応しやすく、脳腸相関が起こって過敏性腸症候群も引き起こしやすくなります。不安や緊張などからストレスが生まれ、脳がストレスを感知すると様々な苦痛が生じ、鬱へと発展してしまいます。子供や高齢者にも見られる症状ですし、引っ越し鬱病や更年期鬱病、昇進鬱病など、環境やライフプランからも起こりやすいために注意が必要です。特に子供や高齢者の場合には免疫力が低下しているケースも多く、腹部症状を引き起こしやすい特徴が挙げられています。便秘や下痢など、精神障害と関係ないように見える症状も現れ、不眠や食欲不振や集中力の低下などもあるため、これらを自覚する場合には軽い鬱を発症しており、進行すると意欲や好奇心といったものも減退してしまいやすく、軽い症状で対策することは重要です。窮地からの復活を目指しましょう。

1人で抱え込まない

鬱は気分障害の1種で、重症化すると鬱病とよばれる精神障害に繋がり、時として精神科などの施設に入所して治療に専念するなど、日常生活にまで影響力を与える障害の1つです。軽くなることもあれば、再発を繰り返すこともあり、心理的な要素が絡み合って長引かせてしまいます。鬱では気分的な症状が多く、イライラなどの喜怒哀楽の感情が激しいのも特徴の1つで、イライラや考え込むことが多かったり仕事などが詰まってくると、いつもしていることが疎かになり、周囲からは怠け癖と認知されやすいのも鬱のデメリットとなる特徴に挙げられています。こうした感情をコントロールするためにも、専門医の手を借りることや助けを求めることが重要で、近年では電話やメール、SNSなどを含め、専門医による様々な相談窓口が設けられています。現代病としても認識されるようになった鬱病ですが、本人が自覚していないケースは非常に多く、症状が慢性化しやすいために職場や学校などでもカウンセラーが在籍するケースは近年、相次いでいます。また、女性に多い鬱ですが、ストレスに対する抵抗力を強める回復力までも医療機関ではアドバイスしてくれます。

一人で悩む必要はない

悩む男性

鬱病が起こるメカニズムは脳内の神経伝達物質にあると言う説が存在しています。こうした病は自殺リスクが高いですから、医師と共に病気治療を進める価値が高いのです。鬱病の症状が出て経済的に不安定になってしまった場合、障害年金などをもらえることがあります。

詳細を確認する

心の病気の治し方のコツ

ドクターたち

心の病気の治療法には薬物療法と心理療法があり、心療内科や精神科の病院に通うと両方の治療法で鬱病などの心の病気を治せます。更年期の女性は鬱病になりやすく、男性は過敏性腸症候群の症状が出る場合も多いですが、更年期障害による鬱病や過敏性腸症候群は心療内科で治療することができます。

詳細を確認する